放置しても大丈夫?前歯が欠けてしまった!歯医者さんによれば、放っておいていいらしい【体験談】

さて、かけがえのない永久歯!悲しいことに、人間の歯はサメと違って、抜ければ次の歯が無限に再生してくるっていうことはありません。

なので、とりわけ悲しい出来事の一つは、歯を失ってしまうことでしょう。しかも虫歯でもないのに!そんなことが私にも起こりました。

前歯が欠けてしまったんです!

で、結局歯医者に行ったわけですが、その治療経過を語ります。

スポンサーリンク

前歯が欠けたシチュエーション

これは本当に不思議だったのですが、煎餅など固いものは齧っていませんでした。友達とワインの飲めるレストランに行き、ソーセージやバーニャカウダーなどふつうの料理を食べ、夜帰宅しました。

するとふと、前歯の舌触りが変なことに気付いたのです。

ギザギザしている!

・・・嫌な予感がして鏡にうつしてみたら・・・なんと前歯が欠けているじゃないですか!ショック!

ただ、大きくかけているわけではないのですが、歯のふちがこぼれているような状態・・。エナメル質でとどまっているらしく、痛みも特にありません。

しかし、放っておいて、どんどんここから歯が壊れていくΣ(゚Д゚)ようなことになったら大変です。歯医者に行くのは好きではありませんが、どうしようもなく、係り付け医の歯医者さんに行きました。

欠けた原因は歯ぎしり??

今まで歯ぎしりなど、ついぞ指摘されたことはないのですが、なんと、歯の上側が均等にやすりをかけたようになっているようで、寝ている間などに歯ぎしりをしているのではないか?との指摘を歯医者さんから受けました。

歯に強い力を自分で加え、その結果歯がもろくなることがあるようなのです。自分で自分の歯を壊している状態とか・・・。おそろしい・・・。

全然自覚はないのですが。

前歯の上にレジンをのせた

結局その日は、隣の前歯と高さを合わせるために欠けた部分(せいぜい一ミリくらい)を平らにならしてから、上に白い詰め物をのせてもらいました。痛みもなく、仕上がりも、元の歯が復活したようだったのでひとまず安心していました。

しかし・・・

詰め物が外れてしまった

ある日、その詰めものがポロリと取れてしまいました。仕方なくまた歯医者に行って、白い詰め物を新たに載せてもらしました。でもこのとき、また少し歯を削られることになってしまったんです。

また詰め物が脱落!

そして一年くらい経ったでしょうか、またもや詰め物が脱落しました。そのときはネバネバのキャラメルを食べていましたので、その粘着力のせいだったかと思います。そして、前歯のふちという、常に咀嚼の時に力がかかりやすい場所だったというのも、外れやすさには寄与していたのだと思います。

そして、取れた後はうっすら黄色い部分が見えていました。そう、象牙質というやつです。歯の一番外側は、透明でミネラル分が高い、エナメル質というもので守られているのですが、その何ミリか下は、コラーゲンなども混じったやわらかい象牙質というものの層になっています。

象牙細管といって、細い管が走っていて、これが歯の神経とつながっているため、象牙質に刺激があるとしみることがあるといいます。

私の場合も、染みはしないものの、下でこすったり、ふとした瞬間に、触れているのが伝わる、という状態。そして、もしも虫歯の場合は、象牙質までいくと再生が難しい(ミネラル分70パーセントのため)ので削ってしまうことが多いようです。

これ以上歯を削りたくない

しかし・・・もう二回も脱落したし、外れやすい箇所だと考えると、また同じ処置を行っても、また落ちてしまい、そのたび歯が削られてしまう、というサイクルにはまる気もしてきました。そんなわけで、今回はなるべく歯は削らない方針の歯医者さんに行くことにしました。

歯の再石灰化目指してケアするぞ!

そこで結論としては、これ以上歯を削らなくてすみました!その歯医者さんによると、また白い詰め物を載せるとすると、やはりまた歯を削って、そこに埋め込むかたちになってしまうということ。すると自分の歯はどんどん脆くなるし、またいつか外れてしまう、と。

そんなわけで、今回は欠けた部分をブラッシングしてから、コーティングすることになりました。

今も私の歯は縁が微妙に欠けたままです。けれど歯医者さんにもいわれたのは、歯の再石灰化のことです。

歯は、唾液の中のカルシウム分が沈着することによって、再生していきます。だからきちんとケアしていれば、次第にまた象牙質をかばうようにエナメル質が形成されていくとのこと。これは希望的なことを聞きました!

そんなわけで、何年かかるのか分かりませんが、歯磨きを怠らず、食後にチーズを齧ったり(リンとカルシウムが歯のミネラル分となりやすい)乳酸菌を口に投入して善玉菌で虫歯予防したりと、(これは他の記事で詳しく書いてます)ケアに努めて歯の再生を促そうと思います。ともかく、やたらと歯を削らない方針の歯医者さんが増えてきたのはうれしいかぎりです。

なお、歯にいいサプリは下の記事にまとめてあります!

歯を強くするのに良いサプリメントはどれ?【ビタミン・ミネラル・乳酸菌】

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大