【朗報】バイオガイアとオハヨー「ロイテリ菌」タブレットを実際に使った口コミ。虫歯予防に本当に効果あった!

数年前、ちゃんと歯を磨いているのに、虫歯に悩まされていた私は、必死でアレコレ調べまくりました!
そしてまず見つけたのが「ロイテリ菌」という乳酸菌が虫歯予防に有効ということ。
さらに、そのロイテリ菌をお口に補給できるラムネというかタブレットみたいなもの・・・つまり「バイオガイア」を見つけました。

現在は、日本のオハヨーヨーグルトも「ロイテリ菌」という名前で実質同じと思われるものを販売しています。

こちらは、バイオガイアの菌を使用しているというこで、値段も内装もタブレット自体も同じに見えるため・・・実質ほとんどパッケージ包装だけ変えたものではないかと考えられます。

どちらも試しましたが、大差はありませんでした。

なんとなく本家の「バイオガイア」を買いたくなりますが・・・。

これ、マジで効きます!
友人に進めまくっています。
もちろん、口内環境によって、本当に効くかどうかは、人によって違ってきちゃうとは思うのですが、
取りあえず・・・別に、バイオガイアの回し者じゃありませんよー。

本当にこれを舐めていると、歯が異様にツルツルするっ。
そして、朝起きた時の、あの口の中の不快感というか、モヤモヤ感がありません・・・。

どんなものなのだか、使い心地や、スペックなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「バイオガイア」に使われている”ロイテリ菌”って何?

ロイテリ菌は、最近、先進的な歯医者さんでは、虫歯予防に使われ始めた菌でもあります。

人間の母乳に豊富に含まれている乳酸菌の一種で、赤ちゃんの免疫力をサポートしています。(もしかして授乳中は、赤ちゃんが乳歯の虫歯になりにくいのは、このせいもあるかも??)

ロイテリ菌は、色々ヒトによい作用を持っていることが近年分かってきました♪

例えば、以下のようなことです。

  • 赤ちゃんに特有の疝痛(腸などお腹が痛くなる)を緩和し、結果、赤ちゃんの夜泣きが減る
  • 下痢を予防したり、緩和する。(特にロタウイルスが関与している下痢)
  • お母さんが妊娠中にロイテリ菌サプリを摂取していると、赤ちゃんが湿疹になる率が下がる

以上は、主に乳幼児への効果ですが、もちろん大人に対しても、色々と良い作用があるんです。

  • 便秘解消。腸の健康な運動を促進。
  • ピロリ菌を減菌する。
  • 尿路感染症の予防。
  • リッキー・ガット症候群の予防

そしてもちろん、

  • 虫歯予防!今のところ、虫歯菌を殺菌してしまう唯一の菌とされている
  • 歯垢も除去

とまあ、こんなに色々と健康に対するベネフィットがあります!

すごい。流石、母乳に入っているだけありますね。リッキー・ガット症候群とは、近頃健康マニアの間では割と知られている症状。

腸に微細な穴が開いてしまうせいで、食物アレルギーや腹部膨満感など、色々トラブルを起こすとされているものです。健康といわれる玄米食でも、これが引き起こされることがあるのでは??と議論されているやつですね。

体調管理に善玉菌はかなり有効ではないか。

たまに、「菌」と聞くとそれだけで、「なんか胡散臭い・・」と拒否反応を起こす人もいますが、私は、菌ってかーなり大事だと思っています。

とりあえず、もうお腹のためにビフィズス菌を摂取するとかは、普通に行われていますよね。腸内の菌は色んな物質を分泌していて、私たちの細胞とやり取りしあっているため、腸内に分布する細菌によって性格も変わってしまうことがあるそうです・・!

それから、虫歯の原因も、やっぱり口の中に潜んでいる「菌」です

(その他、酸性が強いものばかり食べ続けていても、歯は溶けてきてしまうそうですが・・汗)

虫歯になりやすいかなりにくいかは、口内の細菌バランスで決まるそうです。

つまり、虫歯菌と対抗してくれる菌がたくさんいて、虫歯菌が少なければ、虫歯になりにくいんですね・・。

赤ちゃんや小さな子と同じ食器を使っちゃいけなかったり、口移しで食べ物をあげてはいけないのは、このためです。虫歯菌が親から子に感染しちゃうのです。

そして、この口内環境は3歳くらいまでに決まるそうですね。

・・・でも、もしもこの口内フローラを、大きくなってからでも、改善できたら虫歯は予防できると思いませんか・・・。

私のお口に虫歯が出来やすいのは、口内フローラ(住んでる細菌の生態系)があかんからでないか?

で、そう思って、私はバイオガイアを試したのでした。

「バイオガイア」買ってみた!

biogaia

全成分(原材料)

イソマルト、乳酸菌L.reuteri Prodentis.、植物油、香料、ショ糖脂肪酸エステル、甘味料(スクラロース)

イソマルトというのは、糖アルコ―ルですが、甘みがあるけれど、体からは食物繊維として扱われ、虫歯菌も食べられないものなので、虫歯の原因にはならないです。

なんで、歯を磨いてから、「バイオガイア」舐めて大丈夫なんですよー。

まあ、ちょっと気になるのは「スクラロース」が入っていることです。これはガムとか清涼飲料水とか、かなり色んなお菓子などに使われている甘味料ですが、人工のものです。

スーッとする清涼感と甘さがあります。イソマルトと同じく、虫歯の原因にはならない甘味料です。

ただ健康マニア的には「人工甘味料」は全般的に避けたいんですよね。そこで、対処法としては、私はバイオガイアを口に含んで、しばらく行渡らせたら、最後には飲み込まずに、ペッと吐き出しちゃってます。これで、取り込む量は最小限に出来るかなーと・・。

スクラロースは、人によるとお腹がゆるくなったりするみたいですね。

バイオガイアの使用方法

一回1~2錠をゆっくり舐めて溶かしてください。とのこと。

かみ砕かない方が良いみたいです。なぜかというと、このタブレットの中には、生きたロイテリ菌が冬眠状態で入っていて、唾液によって目覚めるんですねー。そして、その唾液と一緒に、お口の中に広まって、そこに住み着くというわけです・・。

バリバリ噛んで、飲み込んじゃうと、お口を通り過ぎてしまうんで、あまり意味ないです・・・。

で、30錠入りで約3,000円と、お値段は高めなんです!

一錠100円もするーーー。

この「バイオガイア」は、日本国内でも予防歯科に取り入れられていて、そういう歯医者さんのホームページを参照してみると、最初は毎日1個舐めて、何週間かしたら、徐々に舐める間隔を広げていって大丈夫とのこと。

お口にある程度ロイテリ菌が定着したら、使用回数は加減しちゃってOKそうなんです。

なわけで、私はもちろん節約モードに入って使ってます・・・。

このタブレット、一粒一粒がけっこう大きいんです。

なので、4つに割っています。そして、毎日は舐めていません。

「甘いもの食べ過ぎちゃったかな~?」という日や、旅行中などで、お昼ご飯後などに、歯磨き出来なそうな日など、虫歯菌が増えちゃいそうな時を見計らって、舐めるようにしています。

なので半年くらいは一箱で持ちます。これは口内状態にもよると思いますが、改善されてきたら、こんな感じで減量しちゃっていいと思います。

バイオガイアの風味

バイオガイア

ミント味なので、スーッと清涼感あります。

そんなに甘くはないので、小さな子供だと辛く感じるかもしれません。

タブレットには、緑色の粒粒と、黄色の粒粒が入っているのが見えます。緑色の方は、たぶんミントです。

で、黄色の粒粒がロイテリ菌の集合体なんじゃないかなーと予測しています。

※当たっていました。

なので、この粒粒がちゃんと溶けるのを意識して舐めるようにしています。(たまに急いでいる時は、この粒を噛み砕いて、早く口に行渡るようにしてしまう・・)

バイオガイアを使った結果起こったこと

で、もう使い始めてから3年くらい経ちますが、まず新しい虫歯はもう一本も出来ていません!!そして、バイオガイアを使用する以前から、経過観察中の虫歯が一本あるんですが、進行してません!てなわけで、私にとっては、虫歯予防効果は大満足でした。

それから、歯垢が付きにくくなりました。歯医者さんに行って、クリーニングしてもらうと、しばらくの間、歯の表面がツルツルになって気持ちいいですね。あのツルツル感がずっと持続している感じです。

そして朝の口のもわもわ感が、いっさいなくなりました!

歯磨きって、朝ご飯食べる前に磨く歯と、後に磨く歯がいますよね。朝、起きた直後は口の中で菌が増殖しているため、朝食前に磨くのも有効らしいんですが、わたしは以前から後者です。

で、友達で、朝食前派がいたんですが、どうも、朝起きると口の中がもわもわ感が強くて、すぐに磨かないと気持ち悪かったみたいなんですね。

けれど、バイオガイアを使い始めてから、朝そんなに口がモヤモヤしないので、そんなに朝食前に歯磨きする必要を感じなくなったそうです。そして、歯磨きを多少さぼっちゃった時でも、歯医者さんでは「よく磨けてます」と褒められるようになったとか!

とりあえず、私だけでなく、私の友達にも効果あったので、結構効果はあるんじゃないかと思います。私は他の種類の乳酸菌タブレットも幾つか試したんですが、結果一番効果が実感できたのは、この「バイオガイア」でした。

もちろん誰にでも効果があるとは限らないんですが、虫歯や歯垢でお悩みの方は、ものは試しに、一度食べてみるといいんじゃないかなあと思ったりしています。

もちろん誰にでも効果があるかは分かりませんよーー。でもおススメです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大