WX03(NAD33S)とW04(HWD35S)、どちらを選ぶのが正解?【WiMAX+2モバイルルーター】

はい、細かい話ではありますが、このたびWiMAXモバイルルーターを買うにあたって、売り出されている機種のどっちがおススメなのか、どっちを選べきなのか、比較考察してみました!

NAD33Sは、横型で紺色と白の2色がある…。

・・・て、それしか今知識がない状態です(汗)

あれ、しかもよく見たら、LTE機種っていう、スリムで携帯電話に似た形のモバイルルーターもあるぢゃん!どう違うの??という、ド素人っぷりなんですが、

同じく機械音痴な方には、何かの助けになるかも??と思って調べたことを書いておきます!

LTEとは分かりやすくいうと何なのか??

ズバリ、LTEとは、携帯電話が利用している通信形式です☆

4Gと画面に表示されるアレです。これは、パソコンが使う通信形式であるWi-Fiとは違うんです。3Gの一歩先の通信形式になります。

スマホは、携帯であると同時に、小さなパソコンでもあるので、どっちも使えるようになっています。

LTEは、ただデータ通信にのみ対応しているので、音声通信はできないんです。

LTEは、もともと携帯電話用の電波を使うので、基地局から発信される電波を使うことになります。なので、携帯が通じる広範囲の屋外で強い方式。飛距離の長い電波を利用することになります。

一方Wi-Fiは、屋内のLANネットワークを無線化したものから始まっているので、電波の飛距離は数十メートル圏内にとどまります。

LTEの中にも周波数の使い方に違いがあって、WiMAXはドコモやau、ソフトバンクの一部とは違う「TD-LTE」という方式を採用しています。

「WiMAX+2」が採用しているLTEは高速で、最大110mbps※と、光回線と同じくらいの速度が出ます。

※ mbpsとは、「megabits per second」の略。1秒間につき、1メガビットを転送できますよ、という意味。ちなみに8ビットが1バイトです。バイトは画像ファイルなどの大きさを確認するときに目にすることも結構ありますね。

 WX03とW04を比較

最大通信速度※ 重さ 連続通信時間 対応
NAD33S

(WX03)

下り440mbps 上り30mbps 約110g 10時間(ノーマル) 7.3時間(ハイスピード) Wi-Fi Bluetooth
HWD35S

(W04)

下り440mbps (4x4MIMO) 下り370mbps (4G LTE) 約140g 9時間(ノーマル) 6.5時間(ハイパフォーマンス) Wi-Fi

LTE Bluetooth

※ 理論上の最速値。東名阪地区を中心として拡大中。

上記、表にまとめてみましたが・・・色々検討した結果、これは使用条件によって、どちらがいいか違ってきそうです。では、両方の機種のメリットとデメリットを見てみましょう。

WX03のメリット

WX03の方が軽い!

そんなとこかよ!という突っ込みが聞こえそうですが(‘◇’)ゞ

30gだけ軽いです。ただでさえ荷物がかさばる日々なので少しでも軽量の方がよいかなと。

連続通信時間が長い

それほど大差があるわけでありませんが、WX03の方が全般的に、電池が1~2時間は長く持ちます。うっかり充電し忘れた時とかに、あと1~2時間使えるか使えないかって、結構違いますよね。それだけあれば色々作業できますから。

室内でつながりやすい

WX03は、クレードルにアンテナが付いてきます☆

なので、室内でも電波を拾いやすくなります。W04は、ハイスピードプラスエリアモードを設定すれば、スマホ用の電波がLTEで拾えるようになるので、室内でもかなりつながりやすくなるかと思いますが、別途月額約1000円を取られてしまうんです。

電磁波を少し軽減できるか・・?

ほとんど昨今は気にする人はいなくなっている気もしますが・・・(??)電磁波過敏症の人は本当にいますし、少なくとも実際に体にいいものではありません。ヨーロッパ等では、健康への懸念から日本よりも厳しい基準が採用されていたりします。

W04のハイスピードプラスモードで、LTEも一緒に使うと、Wi-FiとLTEの周波数を重ねることになりますので、その分電磁波も強くなりそう・・・。計測してみないと分からないとこもありますが。

W04のメリット

デザインがお洒落

W04は、今までになかったような、縦型シンプルなケータイみたいな、スリムですっきりしたデザイン。Wi-Fiルーターの、なんともちょっとダサい感じ(なぜだろう・・)が払しょくされています。

ただ個人的には、スマホほど人目につくものでもないので、ダサかろうが何だろうが良い気がします。デザインが気にならなければ、何か可愛いorイケてる袋などに入れておけばいいですしね。

ちなみに、文庫本サイズのブックカバーに収納するのも、けっこう大きさ的にはジャストなんですよ。

携帯の電波が使えるから室内でも便利

W04は、ハイスピードプラスエリアモードを使えば、LTEの電波も入ります。

これは、つながりやすさでいえば、断然Wi-Fiよりは強いでしょう。スマホ電波が入るとこであれば、つながるということですので。

なので、仕事でよく出先の建物や会議室、カフェなどで使うという人は、W04の方が便利でしょうね。ただ別途料金約1000円はかかってきます。

結論

通信速度は、地域や使用場所、機器によっても依存するため、どちらも大差なさそうです。

個人的な使用条件などを色々考えた結果、WX03の方を選ぶことにしました。

理由としては、まず連続通信時間の長さ(忘れっぽい&ナマケモノのため、こまめに充電できない人(;´・ω・))があります。

それから、LTE電波との組み合わせは、電磁波の関点からすると、あまり好ましくないかと思ったためです。自分は、キーボード触るとたまに手がピリピリしたりと、電磁波やや過敏の気がありますので・・。

当方都内ですが、確かにWi-Fi電波だと、高架下のカフェだとか、鉄筋コンクリートのマンション内とか、繋がりにくくて困ることはあります。しかしまあ、電波の入りがいいオープンスペースにあるカフェを使って、自宅では有線LANケーブルでパソコン使ってれば、不便でもないかなあと考えた次第。

なので、もしご自宅にネット回線を引いていなくて、かつ電波が入りにくい結構密閉されたマンションにお住まいで、かつWiMAXだけでやっていこうとするご予定でしたら、W04のが便利でしょうね。

↓ワイマックスは、ウェブ申込で、最短即日開通です!↓