ブリアン歯磨きの使い方や使用期限。夜だけも可?口臭も防いでくれる?

お腹だけでなく、お口も乳酸菌で、虫歯菌から守っちゃおう!という新発想の歯磨き粉、ブリアン。粉タイプなので、ふつうのペースト状の歯磨きとはちょっと違います。どう使えば一番効果的なのかを探ってみました!

一日何回使えばいい?

 ブリアンが推奨しているのは、毎日2、3回を目安に、ってことです。
ブリアンは粉が固まらないように、小分け包装になっていて、一包につき一グラム配合です。
 1グラムというと、お砂糖が小さじいっぱい3グラム、食塩が6グラムなので、かなり少ない感じもしますが、実際に使ってみた人の感想を読むと、意外と多くて、お子さん一人だと使い切れないみたいです。
 で、ブリアン側としては、一日3回使ってもらえた方が、売り上げがあがって嬉しいと思うのですが・・・、口コミを見ると夜にだけ使っているという方も多数いらっしゃいました。
 こうすると、一日3回使うと、一カ月で一箱なくなるところが、一日夜だけだと、3カ月持つことになりますので、節約できますね。
 一日一回の使用にするのであれば、やはり夜が一番おススメです。
なぜかというと、眠っている間は唾液の分泌量が少なくなって、お口の中が乾燥し、虫歯菌が繁殖しやすくなってしまうからなんです。
 なので、夜眠る前の歯磨きをサボってしまったり、適当にすませてしまうと、虫歯になる確率はかなり上昇(゚Д゚;)してしまいます。
 この歯にとっては危険なおやすみタイムの前に、ブリアンを使って虫歯菌を減らしておいてあげることで、効果が高まるかと思います。
 あとは、歯垢や口臭の様子を観察しながら、使用回数を増やしたり減らしたりしていくといいですね。

何歳から始める?

f:id:honeybushtea:20170218131238p:plain

 ブリアンは赤ちゃんにも優しい安全性の高い成分ばかりを使っていますので、乳歯が生えだした1歳ごろから使えます
 中には、生後半年くらいで乳歯が生えた赤ちゃんに、0歳から使っている方もいらっしゃいました。

粉を小皿や手のひらに出して使う

 ブリアンは乳酸菌BLISを生きたままお口に届けられるよう、粉タイプになってます。デリケートな善玉くん、BLIS菌、市販の歯磨きみたいなペースト状だと死んでしまうのです。
 ずぼらさんは、手の上でもいいかもしれませんね。しかし、こぼしそうでかえって面倒くさいかも?とにかく、粉を載せられて、そこに歯ブラシのブラシ部分を付けられるようになっていれば問題ありません。
 ブリアンに直接、水を注ぐのではなくって、歯ブラシの先を、ほどよく濡らして、粉をチョンチョンとつけます
 この時には、濡らしすぎないのがポイントです。
 小麦粉とか、お菓子作りで混ぜたことがある方は分かると思いますが、水が多すぎるとダマになっちゃうんですよね~~。
 このあたりは、使っていればすぐ、よい分量が分かってくるかと。
 なんか面倒くさい!という気もしますが、
いがいと、この歯ブラシにチョンチョンつける作業というのが、子どもにとっては面白くいらしく、率先してやってくれるという口コミ多数でした。

何分くらい歯磨きしたらいい?

 推奨時間は、通常の歯磨きと同じくらいで、2~3分になります。
BLIS菌をなじませるためにも、このくらいは取った方がいいかと思います。
 もうすでに歯が生えそろった大人の方が磨く場合には、10分は磨いた方がいい、というのは、歯医者さんがよくいうことですね。

ブリアンはうがいしなくても大丈夫!

 小さい子や、高齢者の方でうがいがうまくできない方はいらっしゃいますね。そんな時でも、ブリアンはうがいしなくてもオッケーです。
 唾を最後に吐きだすだけでも良いです。
 市販歯磨き粉と違って、呑み込んでしまっても安心な成分ばかり使っていますので、出来る技ですね。
 また、唾液を出すだけの方が、BLIS菌が、お口の中に残る数は多そうですよねーー・

ブリアン歯磨き、こんな使い方は効果なし!!

f:id:honeybushtea:20170218131242p:plain

 こんなブリアン歯磨きも、使い方を間違えると、効果がなくなってしまいますので、要注意です!

殺菌剤と一緒に使ってはいけない

 リステリンなどのマウスウォッシュを虫歯予防に使っている方もいるかもしれませんが、当然ながら、ブリアンの善玉菌、ブリス君まで殺菌されてしまいます!一緒に使うのは避けましょう。

市販歯磨き粉と併用

 なんか泡立たないと気持ち悪い~~!
・・・、と市販歯磨き粉を一緒に使いたくなってしまう方もいるかもしれませんが、善玉菌ブリス君は、とってもデリケート。
 市販歯磨きには、色々な添加物が入っているため、ブリス君を生きたままお口に住まわせるには、避けた方がいいです。
 泡立たない方が、どこを磨いているか意識できて、結果うまくブラッシングできますよ。

ブリアン歯磨きを口に含ませてあげるだけでも効果あり

 公式ホームページには、乳児の場合、お母さんが指にガーゼをまいて、赤ちゃんの口の中につけてあげることもすすめられていました。
 よくなじませるには、歯ブラシするのが一番良さそうですが、ブリアンの肝は、BLIS菌をお口に住ませてあげること。なので、粉をなめているだけでも、口の中にブリス君が広がりますので、効果的です。
 苺ヨーグルト味で美味しい子ども用ブリアンは、おやつがわりに舐めちゃう子どももいるみたいで・・・汗
 裏技としては、飴やクッキー、チョコレートなど虫歯の原因になる砂糖が入ったお菓子はやめて、そのかわりにブリアンをあげる、なんていうこともできそうではあります・・。おやつを完璧に絶つのはむずかしくても、減らすことはできるかも・・・。

ブリアン歯磨きの使用期限

ブリアン歯磨きは、昔は一袋にどさっと入っていたので、保存はちょっと工夫が必要だったみたいです。でも今は、小分けパックに入っているため保管が楽になりました。

未開封の状態だと、1年ほどは持つとのことなので、まとめ買いもできますね。また、開けてしまったものは、ジップロックに入れたり、クリップでとめたりして湿気を防いで、冷蔵庫で保管しておくとよいようです。

スポンサーリンク

ブリアンは口臭予防効果もある?

2015-0132 5 ลักษณะแปรงที่เหมาะสมกับคุณ #cosdentbyslc #makeoveryoursmile #slcgroup

 子ども用の苺味ブリアンの大好評を受けて、このたび、口臭や歯周病予防にも特化した大人用ブリアンが発売になりました。
 この大人用ブリアンには、子ども用に配合されていたM18ブリス菌に加えて、K12ブリス菌が配合されています。
 それでは、このK12ブリス菌は、どんな働きをするんでしょうか?
 見てみることにしました!

 こちらの英文サイトには、BLIS K12について、かなり詳しい解説がありました。重要な部分をピックアップしてみます。

 ブリアン歯磨き大人用に入っているK12の特徴

  • 耳、鼻、喉の健康をサポート
  • 喉と、呼吸器官上部に関係する免疫システムを助ける
  • 息をすっきり爽やかにする
サリバリウスという菌は、生まれてすぐに人間の口の中に住むようになる菌。
この中でも、K12という種類は、2パーセントの人の口の中にだけ、たくさん住んでいたんです。
 そして、この2パーセントの人々は、喉やお口のトラブルとは、ほとんど無縁でした。
 K12のいいところは、免疫力もアップさせてくれるところ。
オタゴ大学の研究によれば、喉や呼吸器官の疾患にかかりにくい人たちが豊富に持っていたのが、このK12でした。

発見者はニュージーランドの微生物学者の先生

 これを発見したのは、自分も子どもの時に喉のトラブルに悩まされていたニュージーランド、オタゴ大学のダグ博士
 自然と、喉の健康を目指す研究をするようになる中で、このK12菌を発見しました。
 ニュージーランドでは、タブレットやチューインガム、パウダースティックなどの形で、すでにK12入りの虫歯予防食品が発売されていて、多くの人に愛用されています!
 ブリアン歯磨きも、日本で初めて、この流れを取り入れた虫歯予防歯磨き、ということになりそうですね。

口臭の主な原因は舌の上に住んでいる菌!

f:id:honeybushtea:20170218131249j:plain

 口臭の原因となっていることが多いのは、人間の舌の上に生息するバクテリア
これらの菌はお口の中に住んでいて、人間の食べたものに入っているタンパク質を分解した時に、臭い匂いを放出するんです・・!
これで息が臭くなってしまうというわけ。
 これに対策するには、毎日歯磨きしたり、デンタルフロスをかけるのが予防になります(口臭菌の餌になる食べ物のカスを取り除くから)
けれど、慢性的に口臭がある人や、タンパク質を凄く沢山とる人なんかの場合では、これだけでは口臭が改善しないことが、よくあります。
 この点、BLIS K12菌をお口に投入すると、ただ口臭菌の餌を取り除く、というだけではなくて口臭菌そのものも、減らすことができますので、
根本的なところから、効果が期待できます。

二つの乳酸菌が、口臭と歯周病をガード!

大人用ブリアン歯磨きには、BLIS K12が入っていますが、もう一つはBLIS M18。

これは子供用のイチゴ味ブリアンにも入っている善玉菌です。

M18は、K12に比べて虫歯予防により役立つ菌です。

こちらのサイトによると、M18の働きやメリットとしては

  • 健康な歯と歯茎づくりをサポート
  • お口の中の、健康的な細菌バランスを促進する
  • お口の中で繁殖する能力を持つ
  • すべての年代の人にとって安全

 主に、こうした点が挙げられていました。

このK12と、M18がダブルで働いて、口内環境を助けてくれるわけです。

善玉菌を使った虫歯、口臭ケアは、海外でも注目されている

f:id:honeybushtea:20170218131239p:plain

善玉菌によって、悪玉菌をやっつけるという手法は、従来の歯を削って詰めるだけという、考えてみれば、かなり強引というか古典的な・・・、歯科治療に代わるものとして注目されています。

もちろん出来てしまった虫歯を元通りに修復することはできないですが、虫歯が出来るのを予防する口内環境を作ることで、予防医学r的効果があります。

こういうふうに、善玉菌を利用して、病気と戦う手法のことを「プロバイオティクス」っていいます。近年、日本でも、インフルエンザにかかりにくくする善玉菌入りヨーグルトとか、流行りましたよね。あれも、この「プロバイオティクス」の一環です。

海外の口臭予防サイトをチェックしてみましたら、

お口に「プロバイオティクス」=善玉菌を投入、するメリットとしては

  • 歯垢ができるのを妨げる
  • 歯肉から血が出るのを押さえ、歯茎のラインを維持する
  • 炎症を抑え、予防する
  • 口臭や虫歯の原因となる有害なバクテリアの繁殖を抑える
  • 免疫力強化
  • 息を爽やかにする
  • 歯を白くする

このような効果が挙げられていました。

同サイトには、口コミも掲載されていましたので、幾つか海外の人の声をピックアップしてみます!

  •  プロバイオティクス商品を、一日2回摂取するようにした・・・そしたら、2週間でお腹の調子が奇跡的に改善された!それで、思いがけなかったのは、朝起きた時の口臭や、口の渇きも消えたこと。身体が素晴らしく蘇った!ありがとうプロバイオティクス
  •  BLIS K12と、M18はちゃんと研究されているし効果があるよ。使ったけど、すごく調子が改善された。
  • BLIS菌の製品を使っているけど、喉の炎症や、風邪、インフルエンザ予防に凄く役立ってる。口臭も改善されてる。
  • 2ヶ月間試してみたけど、マウスウォッシュの方が効果あったかな。今度は他のを試しみる。ともあれ、誰にでも効果が出るってものでもなさそうだな。
  • ブリスK12を一ヶ月くらい使っているけど、最近、歯垢が前より出来なくなってきたし、息が臭くなくなってきた!

海外の口コミから言えること

BLIS菌については、特に口臭や歯垢に効果があった!という感想がけっこう多かったです。

ただ、あまり効果を感じられなかったという意見もありました。

口内の細菌環境や食生活は、一人一人独特のものがありますので、善玉菌を使ったアプローチは、誰にでも絶対に効果が出る、というものではないようです。

ただ、口臭改善や歯垢の減少を実感するには、一週間や一ヶ月くらいだったという」口コミもありましたので、とりあえずこの期間使ってみて、ご自分に合っているかどうか、実際に確かめてみるのが一番良いのではないでしょうか。

けれど、プロバイオティクス商品は、まだ新しい口腔ケアの方法だったり、そもそも善玉菌のお値段が高くて、価格はまだまだ全般的に高めに設定されています。

その点嬉しいのは、ブリアン歯磨き粉は、なんと60日間の返金保障がついてくるんです。

お金が無駄になる心配をせずに、約二ヶ月、たっぷりお試しできるので、かなりおススメできます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大