国立「お米パン工房マゴメ」の口コミ。米粉のもちもちヘルシーが食べられるパン屋さん。

パンが好きだけど、食べ続けるとなぜか鼻水が出る・・とかいう方いませんか?わたしがそうです。小麦に弱いアレルギーがあるみたいなんですよね。

そんな時、米粉を使ったパンは嬉しいです。触感も、小麦がややツンツン?しているのに比べて、お米はどこまでも、もっち~り、しっとり、まろやかです。

米粉パンのバラエティが揃っていて有名なパン屋さんといえば、国立駅の、「パン工房MAGOME」さんです。それではレビューしてみます!

スポンサーリンク

雰囲気

国立駅から、富士山の見える富士見通り沿いに進んで、10分くらい歩いた頃、左側にあります。国立公民館の近くです。

お店は小さくて、でもショーケースには、いつもたくさんの種類の米粉パンが並んでます。20種類くらいはあるような・・・。

また、黒米クッキー(これがしっとりホロホロで絶品)や、沖縄の玄米ドリンク、玄米パフのブランスティック、それにシリアルなんかも置いてあります。

ジュースもありました。黒米おはぎもありました。

そして、ほっとするようなアットホームな雰囲気で、店員さんも感じが良いです。

すぐ裏手は、一橋大学の構内なので、裏口から入って、緑の多いキャンパスのベンチで、買ったパンでランチ・・・なんていうのもいいかも。

マゴメさんのこだわり

安心安全の、有機栽培・特別栽培のお米を使用

マゴメで作る米粉パンは、日本各地で穫れる安心安全な有機栽培・特別栽培のお米を使用しています。

生産者に直接会って買い付けた美味しいお米

マゴメのお米は、生産者さんに直接会って買い付けをしています。

マゴメさんHPより

もともと、本社は「こめ工房マゴメ株式会社」という、有機栽培米を中心にあつかる、お米屋さんです。なので、おいしいお米にこだわって選んでいるわけですね。

パンに使っている米粉の産地は、北海道・西日本産のものが中心だそうです。

米粉パンのメリット

マゴメさんのパンは、米粉と小麦グルテン粉で出来ているそうです。なので、小麦グルテンに強いアレルギーがある方は、厳しいかもしれませんね。

米粉には、三つのメリットがあるそうです。

  1. アミノ酸と水分が豊富
  2. 小麦粉のパンよりも、カロリーが低くできる
  3. 血糖の上昇がおだやか

アミノ酸は人の体のタンパク質を作るのに重要な成分ですが、お米はアミノ酸をバランスよく含んでいます。そして水分も多いんです。

小麦パンの乾いたぱさぱさ感が好きじゃない人でも、米粉パンのもっちりしっとりは好きになるかも。

2番目には、お米はそれ自体味わいがあるので、バターや卵、油、砂糖などの調味料をそんなに加えなくても大丈夫。だから、低カロリーに仕上がるとのこと。ダイエットの時にもいいですね。

3番目には、血糖値を急激にあげないので、太りにくいというわけです。

食べたパンの感想

塩麹の豆腐カツバーガー

マゴメ バーガー

二百何十円か・・。

これ、とてもお気に入り。白胡麻がたっぷり振りかけられたバンズに豆腐のカツが入ってます。ソースも濃すぎず、いい感じ。

また、紫蘇が挟まれているのも、香り高くてさわやかです。

塩麹のなんともいえない旨みがまたよく効いているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

断面はこんな感じ。豆腐のハンバーグはとってもヘルシーで、中にはニンジンなどのお野菜が細かく刻まれて入ってもいます。

豆腐だから胃もたれしないのに、満足感あります。カロリーも低いと思われます。

発芽玄米パン

国立マゴメ 玄米パン

100円くらい。

テレビで紹介されていたのがこのパン。なんの変哲もない、シンプルなパンですが、もっちーり、しっとーりした触感はとても食べ応えがあって、

少し玄米の粒みたいなものも活かしてあって、素朴なんだけれども、まるみのある奥深い味になってます。

黒米クロワッサン

国立マゴメ クロワッサン

100円くらい。

うっすら紫色なのがお分かりになりますでしょーか。

黒いお米を使ったクロワッサン。黒米はアントシアニンが豊富なことで知られていますね。これも、とってもしっとりしています。

小麦粉を使ったクロワッサンでは出せない、独特のもちもち感をと味わいを出しています。

総評

やさしい味わいを追求しています。そして、バラエティがともかく豊富なのもおすすめポイントですね。

アップルパン、黒糖クリームのパン、練乳パン、鳥肉バーガー、ひじきのおやき、野沢菜のおやき、明太子フランスパン、枝豆のパン、ガーリックパン、アンチョビのパン、などなど、思い出せるだけでも、甘いものからしょっぱいものまで、相当なラインナップが揃ってました。

黒米のおはぎも、いつもレジ前に置いてあります。

黒米の粒粒をそのまま活かしたおはぎで、餡も甘さ控えめなので、太らなくてすむ小さなおやつとして、よくパンと一緒に購入してます。

あの、もっちりしっとり感は、他ではなかなか味わえない貴重なものになっているかと思います。

地図・店舗情報など

  • 住所:東京都国立市中1-15-8
  • 電話番号:0425-71-0032
  • 営業時間:9:00~19:00(日曜日定休)
  • 駐車場:特になし
  • テイクアウトのみ→ 一橋大学構内で食べるのもよさそう!

※2016年7月の情報。変更になることございます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大