食の安全や放射能対策へのこだわりで選ぶのなら、おすすめなのはどの生協?〔子どもにも安心な食品を〕

食の安全がますます気にかかるようになってしまった、この世の中です。本当に一刻も早く、放射能を除去する凄いテクノロジーが開発されれば良いのですが・・・。どこかで誰かが被曝しなくては成立しない原子力発電所の再稼動よりも、そうした環境クリーン技術への投資を優先して欲しいですね。

生協でも、食材の安全性に気を使い、放射能対策にしっかり取り組んでくれるところが出てきました。応援したいものです。

おすすめの生協を調べました。

スポンサーリンク

「パルシステム」さんの放射能への取り組み

食の安全へのこだわりには筋金入り

パルシステムさんは、原発事故以前から、食の安全にこだわり続けてきた生協です。「商品づくりの考え方」を参照すると、

  • 環境に配慮し、持続できる食生産のあり方を追求します。
  • 化学調味料不使用で、豊かな味覚を育みます。
  • 遺伝子組換えに「NO!」と言います。
  • 厳選した素材を使い、添加物にはできるだけ頼りません

なかなかここまで打ち出した生協やスーパーは少ないのが現状です。生協のおばちゃんに説明してもらったところ、パルシステムだと、カタログから何気なく選んでも、化学調味料や添加物などに心配しなくて大丈夫な食品ばかり揃っているよ、とのことでした。

確かに、カタログを見ても、天然酵母パンとか、平飼い地鶏とか、安心と美味にこだわった食品が多かったです。

パルシステムは独自に放射能測定を行っている

放射能測定対象

パルシステムでは放射能汚染の範囲を考慮して、以下の範囲で放射能検査を実施しています。ただし下記以外でも、必要に応じて検査を実施します。
放射能検査の対象範囲
農畜産物とその加工品 北海道を除く東日本産(新潟・長野・静岡以東の本州産)
水産物とその加工品 日本沿岸・近海・北太平洋の一部と、淡水産水産物

出典:http://www.pal-system.co.jp/topics/radiation/jisyukijun/

放射能検出限界

セシウム134、セシウム137を、、検出下限値3Bq/kgを検出限界として測定してます。しかも、特別に注意したい、乳幼児用食品については1Bq/kgで測ってくれています

パルシステムの自主基準

パルシステム独自ガイドライン(自主基準)
2014年6月改定
国の規格基準
水、飲料、牛乳、乳製品、米、乳幼児用食品(※)、ぷれーんぺいじ掲載商品 10 水、飲料茶 10
乳児用食品、牛乳 50
青果類(しいたけ類除く)、肉類、卵、魚介類、海藻類、その他食品 25 一般食品 100
しいたけ 100
*乾燥食品は生原料や摂食状態で検査します。 (セシウム134,137の合計、単位Bq/kg)

国の放射能基準は高い!と多方面で言われていますね。

国の基準では乳幼児食品・牛乳が50ベクレルまでOKなところ、パルシステムでは10ベクレル。その他の一般食品(しいたけ除く)では、国が100ベクレルまでOKなところ、25ベクレルが基準になっています。

この基準値を上回るものは出荷しないということです。

検査結果を公表している

でも、やはりパルシステムの基準値を下回っていても心配・・・という方はいらっしゃると思います。

そんな方でもパルシステムは自主検査の結果を毎週公表してくれているので、安心です。どの食品について放射能が何ベクレル検出されたのかを消費者も把握することができるのです。

さらに検査結果シートには、食品の放射能対策豆知識や(柑橘系は皮にセシウムが溜まるなど)、市や区など公共団体が測定して検出された食品のリストなども載っていて、貴重な情報が入手できます。

また、「yumyum野菜セット」という商品は、西日本・北海道に産地を限定したセットです

他の生協と、放射能測定基準値を比較。

コープネット事業連合さん

(コープみらい、いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、コープながの、コープにいがた)の事業連合さんの場合。

放射能基準

国の基準を採用しているようです。つまり・・・

  • 一般食品・・・100ベクレル/kg
  • 乳幼児製品・牛乳・・・50ベクレル/kg
  • 水・飲料茶・・・10ベクレル/kg

私の感覚では、これはかなり高いです・・・。毎日10ベクレル以上摂取していくと。セシウムが体に蓄積されていくというデータを見たことがありますので・・・。

検出限界値
  • 一般食品・・・10ベクレル/kg
  • 飲料水・・・1ベクレル/kg
  • 牛乳・乳幼児食品・乳製品・子供向け・・・5ベクレル/kg

東都生協さん

放射能基準

国の基準を採用。

検出限界値
  • 加工食品・・・10ベクレル/kg
  • 青果物、畜産品、水産品・・・1ベクレル/kg

コープ(日本生活共同組合連合会)さん

放射能基準

国の基準を採用。

検出限界値
  • 一般食品・・・10ベクレル/kg
  • 茶湯・・1ベクレル/kg
  • 子供向け・乳製品・・・10ベクレル/kg

以上のように、主な生協さんは大体、国の基準値を採用していました。各機関の検査結果を見ると、今ではキノコや茶葉など以外では、10ベクレル以上が検出されていることは稀のようではありますが、基準値が低いに越したことはないかと思います。パルシステムさんの独自基準は政府基準の五分の一に設定されているものが多いです。(しいたけと飲料茶を除く)

パルシステムさんは、乳幼児食品については、1ベクレル/kgで厳密に測定してくれているところも評価できます。

政府への働きかけ・放射能低減の取り組みも行う

パルシステムさんは、ただ測っているだけではありません!

さまざまなパブリックコメント・意見書を政府に提出したり、原発事故被害者の救済を求めるプロジェクトなどに参加されています。

最近では、鹿児島県の川内原発の、安全確保なしでの再稼動に反対するパブコメや、原発再稼動を進める安部内閣へ、「エネルギー基本計画」に関する意見書を提出したりもしてます。

また、生産者と一緒になって、放射能をできるかぎり吸着したり低減したりするような土壌作りにも努力しています。

まとめ

パルシステムさんは、他にも「産地と食卓と未来をつなげる」産直プロジェクトなど、ともかく環境保全や循環型農業などをサポートすることにも力を入れている生協さんです。なるべくオーガニックや化学肥料削減の農法を農家さんと一緒に目指しています。

応援したいイチオシ生協さんです。忙しいけど、安心できる食品をチョイスする時間がない・・・、とか、なるべく環境や生き物にいい農業を応援したい・・・という方にもぴったりです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大