バシリスク【世界の幻獣辞典】

バシリスク(basilisk)とは、頭に王冠のようなトサカを持った蛇に似た幻獣です。
コカトリスという幻獣も、このバシリスク伝説から分かれて生み出されたようで、両者はしばしば混同されてます。
概して、バシリスクの方が蛇に近く、コカトリスはより雄鶏に似ているみたいです。

蛇やカエルの卵を、雄鶏が温めて孵すと、バシリスクに
雄鶏の卵(有り得ないですが・・)を、蛇やカエルが温めると、コカトリスになるとか。
ちょうど反対なわけですね。

西暦79年後ごろに書かれたピレネの博物誌によれば、

「指12本くらいの長さで(数える単位が面白いな)

頭には、王冠によく似た白い斑点があり、

バシリスクがシューっと音を立てて威嚇すると、他の蛇は一目散に逃げ出す。

ふつうの蛇は体をくねらせて前進するが、バシリスクは、胴体の真ん中あたりから持ち上げ、直立して進む

低木を打ち倒し、草を燃やし、石をも砕いて進んでいく。

特に毒が強力で、馬に乗った人間が、槍でバシリスクをつき刺せば、毒は槍をも上がってやってきて
人間ばかりか馬もキューバタン・・だと一般的に信じられていた。」

と書かれているとか。

強力な眼光を持ち、睨み付けられた者もやはり、バタンキューです。

一睨みと、猛毒の息が武器というわけです。

スポンサーリンク

バシリスクの弱点

コカトリスと同じく、イタチに弱いのです。イタチの臭いにやられてしまうようです。

また、雄鶏の鳴き声、鏡(自分の姿を見ること)にも弱いとされています。

Wolframs-Eschenbach. Cemetery church St.Sebastian. Allegory of the strength of faith ( 1741 ) by Johann Michael Zinck of Neresheim. The latin inscription is: “Ne terreamini ab his” ( Don´t let you be terrified by these )

かのレオナルド・ダヴィンチも「動物誌」の中でバシリスクに言及していて、

イタチの尿の臭いに弱いと書いていました。

でもイタチ自身も、自分の尿の臭いにやられて、ひっくり返ってしまうとも。

イタチの最後っ屁」って、日本でもいいますよね!東西どちらでも、やたらと臭い生き物と認識されているようで・・・。本当にそんなに臭いのかな。

バシリスクが卵から孵る瞬間

カンタベリー神話によると、バシリスクは、晴れ渡った満月の晩に、年老いた雄鶏が産卵した卵に宿ります。

その卵の殻は、普通と違い、柔らかくて皮のような触感をしているのですが、数日中に孵ります。

バシリスクは、生まれた時から成体と変わらない嘴、足を持っていて羽根も完全に生え揃っています。目には強烈な炎が宿っていて、この一睨みでどんな生き物もコロリ。。です。

・・・イタチ以外は。

また、雄鶏の「コケコッコー」の鳴き声にも弱いので、バシリスクが生息しているといわれた地帯を通る際、旅人は雄鶏を抱えて旅したそうですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大