コカトリス(コカドリーユ)【世界の幻獣辞典】

コカトリス

コカトリスとは、フランスやイギリスを中心に生息する幻獣。

英語で Cockatrice, フランス語で Cocatrix

ドラゴンの翼と、蜥蜴のような胴体、雄鶏の頭を持っています。

スポンサーリンク

特徴

コカトリスは、「オス」のにわとりが産んだ卵を、蟇蛙(ひきがえる)が

温めて孵化させると、誕生すると言われています!

(蟇蛙でなく、蛇が温めるというバージョンも有り)

しばしばコカトリスは、「バシリスク」という伝説の生物とも同一視されますが、

バシリスクは大抵羽根のない姿で描かれるんです。

コカトリスはより鶏に似ていて、バシリスクはどっちかというと鰐(ワニ)っぽいです。

しかし、実際資料を見ていると、「バシリスク」という名前が多く使われています。

「バシリスク」の方が古くて、「コカトリス」はそこから派生したみたいですね。

▽お酒のラベルにもなっている。

Cockaonce, cockatwice, cockatrice. #Guinness #StiffDrinkWednesday
Cockaonce, cockatwice, cockatrice. #Guinness #StiffDrinkWednesday / waiferx

コカトリスの誕生を防ぐ方法

コカトリスは雄鶏の卵から生まれますが、この場合、別途黄身のない卵を用意して、それを家の上空に放り投げ、家屋にぶつけることなく、向こう側に着地させられれば、コカトリスが生まれるのを防ぐことが出来るといいます。

しかし、「黄身のない卵・・・」って??

眼力が凄い

コカトリスは強力な眼力を持っていて、睨み付けるだけで、人間その他に大ダメージを与えます!

唯一、このまなざしに対して、びくともしないのはイタチ君だとか。

コカトリスは背中にドラゴンのような翼が生えていて、これで飛ぶことも出来るそうです。

イギリスのワーウェル村

イギリス、ハンプシャー近くのワーウェル村にはコカトリス伝説が残されていて、この怪物を誰も倒せず、村人が困っていたところ、

グリーンという名前の男が、コカトリスの潜むダンジョンに鏡を持ち込んで入りました。

怪物は、鏡に映る自分の姿と戦い続けて、力尽きてしまったそうです。

アンドーバー美術館に移されるまで、ワーウェル村の聖ピーター教会をコカトリスの彫刻が飾っていました。

・・・それにしても、コカトリスのフランス語名、「コカドリーユ」って

「コケコッコー!」という雄鶏の鳴き声にそっくりだと思いませんか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大