ルームシェアする前にしておくべきこと2つ&再度、ルームシェアのすすめ。

 

①部屋の間取りを考える

一緒に部屋を探すのは、とても大事なプロセスです。なるべく、この期間は一緒に行動しましょう。なにしろ、ひとつの目的に向かって共同作業するファーストステップです。たぶんこの段階で、一緒に住める仲間かどうか、だいたい見えてきます

実際の部屋を見れば、生活イメージも具体的に想像できるようになりますよ。
やはり一人一室、個室があるのをおススメします。
ふすまとかでなく、ちゃんと壁で仕切られている方が、互いの睡眠クオリティを下げる心配もないのでおススメです。
キッチンやベランダ等の共有スペースには、それぞれの部屋から、他の人の部屋を通らずに直接行ける間取りが良いでしょう。

②ルールをつくる

まず、大原則。
お互いに、これだけは譲れない!というところをリストアップしましょう。
「絶対12時には寝たい」とか、「お風呂は三日にいっぺんは洗いたい」とか、
「週末はライブで門限過ぎる」
とかです。

それから、やるべき家事をリストアップして分担を決めます。

あと、コミュニケーションの程度です。
「一週間に一回、十分話す程度でいい」から、「毎日一時間は喋らないと淋しい!」まで人によって結構幅があると思います。

それから、男女の場合は「厄介な事態」=「恋愛」に陥ることはやめようね、と確認しておくのも重要です。あ、これは同性でもありえるか…。

それから、ルームシェア解消時の対処です。
ウチの場合は、あとがまを見つけるか、金銭的にもう一人が困らないようにするっていう条件にしてます。
とにかく事前に、なるべく条件をすり合わせておいて書面にしておけば、あとあとのトラブルを避けられるかと…。

スポンサーリンク

もう一度、ルームシェアのススメ

これは、声を大にして言っておきたいところですが、
「プライベートは思ってたより、守られる!」
っていう点です。
もちろんどんなルームメイトを選ぶかによって違ってくるとは思いますが、ウチの場合は、朝同居人が出勤するころ、私は目覚めますので、起きたらもういません。
で、夜まで帰ってきません。

となると、顔を合わせるのは夕飯後くらいなものですが、割とお互いの部屋に引きこもってて、土日もお互いにヒッキーしてるか、ライブやら図書館やらに出かけているので、そんなに会話しません。それでも、なんとなく安心感だけはあります。

血縁家族ほど、ベタベタする必要も義務もないし、でも人がいる安心感とコストパフォーマンスだけは楽しめるという、ある意味いいとこ取りができるのがルームシェアだと思ってます。

あくまで、わたしの場合ですが…。
たぶん、百人いれば、百人百色のルームシェアが出来ると思います。あるべき姿が法律や一般通念で決められているわけではないので、
自分たちの好きなように、共同生活をカスタマイズできるというのが、ルームシェアの魅力です

それに、集まって住んでた方が、エネルギー効率がよいので、たぶんサステナブルな環境づくりにもちょっとよい!たぶん・・・。

暮らし方は、もっと多様でいいと思います。血縁家族だけにこだわる必要もない。たとえ血縁家族同士でも、長屋みたいにして一緒に暮らすのも楽しいかもしれない。

夢は膨らみます。
気になっている方は、ぜひ新しい暮らし方を試してみてください!この記事がちょっとでも参考になったら嬉しいです。

おまけ。ルームシェアに関するネット上の声を探してみました!

ルームシェアにあまりにキラキラした理想を抱いていると、裏切られるかもしれませんが、「まあ多少のトラブルはあるよね」くらいの心構えで準備しとけば万全かもです。

(ピニャの場合は、ゴキ対策に、ホウ酸団子をいくつ設置するかで、揉めましたw)

スポンサーリンク